増えている症状

綺麗な肌の中年女性

何らかの理由で眼瞼挙筋の力が弱まってしまうと、目をしっかりと見開くことができなくなってしまいます。眼瞼挙筋は、上まぶたを持ち上げる役割を担っている筋肉です。この眼瞼挙筋が伸びてしまったり、収縮させる力が弱くなってしまったりすると、上まぶたが目の上に垂れ下がってくるようになります。この症状を眼瞼下垂と呼ぶのですが、見た目が悪いだけでなく、体に様々な悪影響が出るようになります。上まぶたが眼球に覆いかぶさっていると、黒目が完全に露出されません。当然のことながら物が見えにくくなりますので、眼精疲労が起こる可能性が高いです。また、少しでも物をはっきり見ようとして、眉毛を吊り上げたり目を細めたりすることが多くなります。筋肉に余計な力が加わることになりますので、重い頭痛や肩こりに悩まされるようになる人がたくさんいます。従来は形成外科で眼瞼下垂手術を受ける人が多かったのですが、最近は美容外科クリニックで眼瞼下垂手術を受ける人が増えてきています。

眼瞼下垂が原因で重い頭痛や肩こりが起こっているのであれば、言い方はおかしいかもしれませんが、立派な病気だと言うことができます。病気の治療であれば健康保険の適用を受けることができますから、安い費用で治療を受けることができます。実際に、多くの形成外科クリニックで、保険が適用された眼瞼下垂手術が行われています。しかし、美容外科クリニックで眼瞼下垂手術を受ける場合は、保険の適用が受けられない可能性が高いので、注意する必要があります。美容外科クリニックのほとんどが、保険診療を取り扱っていません。自由診療を採用することによって、保険診療では叶えられないような丁寧な治療を実現しています。現状では、保険が適用される眼瞼下垂手術を行っている美容外科クリニックは、ごく一部に限られています。保険が適用されるかどうかで料金が大きく変わってくることになりますので、美容外科クリニックでの治療を考えているのであれば、事前に保険適用の有無を確認してみるようにした方がよいでしょう。