ほくろを除去する

綺麗な肌の足

若いときにあったほくろが、大人になるにつれて盛り上がってくることがあります。初めは気にしていなくても、だんだん盛り上がりが大きくなってくると、何かの病気かと不安になると思います。ほくろ除去をお考えの方は、一度皮膚科に足を運んでみることをおすすめします。ほくろというものは、刺激を与えれば与えるほど、癌化しやすいといわれています。昔から足の裏にほくろができたら良くないと言われていますが、これは日常の生活で足の裏は常に刺激を与えてしまう場所なので、良くない傾向にあたると考えます。ほくろ除去を行った当日はお風呂に入れないものの、翌日からは通常通りの生活をして良いので、生活に支障はでないかと思います。放置して癌になるよりは、ほくろ除去をして不安を解消できた方が心も身体もすっきりすると思うので、気になる方は皮膚科に行くことをおすすめします。

ほくろ除去の治療方法は2種類あり、メスを使用する治療方法、メスを使用せずにレーザーで除去する治療方法というものがあります。大体の皮膚科では、治療前の診断で治療方法が決まります。理由は、ほくろは根の深さによって最適な治療方法があるためです。いつごろからほくろがあり、いつごろから変化が現れ始めたかと聞かれると思います。最近できたものに関しては根が浅いものが多く、小さい頃からあったものは大体が根の深いほくろとなっています。できればあとが残らないレーザーをおすすめしたいのですが、場合によってはメスを使った方が綺麗に取れる場合も多くあります。最近の皮膚科はどこも技術が高いため、施術後の傷はほとんど目立たないようにしてくれるので、安心して治療を受けることが可能となっています。